Tokisato Mitsuru - works

news

ラビットリーディング

個展「ラビットリーディング」

|会期|

2018/10/14 (日) - 11/4 (日)の土日祝日
13:00 - 20:00

|会場|

TABULAE
(墨田区向島 5-48-4)

時里 充/Mitsuru tokisato
tokisatomitsuru[at]gmail.com

2018.01.16-02.18 めくる映像_特集(伊東友子・時里充), コ本や honkbooks, Japan
2017.11.17-11.26 見た目カウント トレーニング#2, gallery to plus “Critical Selfies”, Japan
2017.02.17-06.04 アスリート展, 21_21 DESIGN SIGHT, Japan
2016.10.02-11.12 フィットネス. , akibatamabi21, Japan
2016.07.16-08.31 ICC キッズ・プログラム 2016 気づきフィルター メディア・アートの要素を探してみよう, NTT InterCommunication Center [ICC], Japan
2016.06.04-07.03 光波:視覚, gallery COEXIST-TOKYO, Japan
2016.02.19-03.12 見た目カウント, SOBO, Japan
2014.06.21-08.31 エマージェンシーズ!022「視点ユニット」, NTT InterCommunication Center [ICC], Japan
2013.12.07-12.08 いま、映像でしゃべること? - Orality in The Moving Image -, Japan
2012.06.20-07.05 「照準と流出」-AとBとA'-, ASK?, Japan
2012.10.29-11.19 Extended Senses 3rd,alt space loop,korea

-

正直

小林椋[http://pocopuu.net/]と時里充[http://tokisato.info]によるユニット。 できるだけ正直に演奏する。

-

Tokisato Miztsuru

2008年片田舎の寂れた商店街にある店の軒先でライブを行うことになり結成。

WORKS

めくる映像_特集

めくる映像_特集
伊東友子・時里充
コ本や honkbooks
2018.1.16−2.18

めくる映像_特集

めくる映像_特集

めくる映像_特集

「めくる映像」シリーズに登場するのは、本と、それをめくる手です。 本を読むために私たちは自らの手でページをめくりますが、 視界に入ってくるはずの手は、本のテキストに関係なく、意識の外側にあります。 本シリーズの映像の中に登場する手は、すでにテキストが印刷された本を制御する存在です。
ページがめくられていくことと、映像が流れていくこと。二つの時間はちぐはぐです。 テキスト、本、めくる手、映像。それらをつなぎあわせるのも、離れさせるのも、鑑賞者のみなさまなのです。 ディスプレイに現れているものは、それらが未分化のまま、一層になったものです。

見た目カウント トレーニング#2

見た目カウント トレーニング#2
gallery to plus “Critical Selfies”
2017.11.17-11.26

見た目カウント トレーニング#2

見た目カウント トレーニング#2

アスリート展 「身体コントロール(グレーディング・タイミング・スペーシング)」

スリート展 身体コントロール(グレーディング・タイミング・スペーシング)
時里 充、劉 功眞(LIUKOBO)
21_21 DESIGN SIGHT
2017.2.17-6.4

アスリート展WEBサイト
気付かなかった身体の動きをテクノロジーで体感——「アスリート展」(六本木)
気付かなかった身体の動きをテクノロジーで体感——「アスリート展」(六本木)
「好きなもの」があるゆえに、付き合う人を選びすぎて生きてない? アスリート展 体験レポート

トータスタイマー

トータスタイマー

トータスタイマー
akibatamabi 21
2016.10.2―11.12

《トータス タイマー》は、1分間で一回転するスポーツタイマー、ディスプレイを左から右に横断するリクガメの映像、そのリクガメがディスプレイの中心を通り過ぎるたびに時間を記録し印刷するプリンタ一体型ストップウォッチ、この三点で構成されています。
リクガメの映像はプログラムにより制御され、同じ映像が約1分間のループで再生されています。この映像に映るリクガメがディスプレイの中心に来る毎に、前回中心にきた時からのラップタイム、および最初に中心にきた時からのスプリットタイムを計測し、ロールタイプの感熱紙に印字します。それらセットの隣には映像と関係なく1分間で一回転するスポーツタイマーが設置されています。

トータスタイマー

見た目カウント レッスン①

見た目カウント レッスン①
NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)
ICC キッズ・プログラム 2016
気づきフィルター メディア・アートの要素を探してみよう

2016.7.16-8.31

映像の中で起こっている事象のなかから,その映像のフレーム内に映しだされている現象のみが,モニター手前にあるカウンターでカウントされていきます.ここには人の推測は含まれません.人は目の前で起こっていたことが視界から外れても,知覚できる現象の連続性などから事象が継続しているように認識し,数えることができます.カウンターが加算する様子と,映像から推測される数との違いから,どのような発見が得られるでしょうか.

見た目カウント

見た目カウント
SOBO
2016.2.19-3.12

見た目カウント

見た目カウント

見た目カウント

見た目カウント

見た目カウント

見た目カウント

視点ユニット

見た目カウント

視点ユニット
NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)
エマージェンシーズ! 022
2014.6.21 - 2014.8.31

通常わたしたちが映像を見るとき,それを撮影したカメラ自身がどのような状況にあるか,見ている映像からだけではとらえることができません.
これらの作品では,カメラに角度計やメジャーといった測定器,計量器を固定した撮影器具を作って撮影されています.
それによって,計測器自身はほとんど動かず,撮影することのできなかったカメラ自身の状況を,ただ数値としてだけ映像に表示することができるようになります.
ひとつは,滑車のついた箱を,天井からぶらさがった縄を引っぱり持ち上げると箱が傾き,箱の反対側にある角度計だけが映されたディスプレイに,箱の傾きに伴って角度計の針が変化する様子が映し出されます.
もうひとつは,レールの上に乗った箱を押したり引いたりして動かすと,メジャーの数値だけが映されたディスプレイに,その動きに連動して画面のメジャーの数値の部分が伸びたり縮んだりする様子が映し出されます.
これらの作品は,装置自体はブラックボックスであるために,映像として数値だけが表示され,物理的な動きと,表示される数値との間の因果関係を示しています.
また,実作のための実験として制作された,映像に映る物をカメラがとらえたまま計測するもの,見えない部分の情報を数値として測定するものの二つのパターンの映像を展示しています.[ICC websiteより転載]

視点ユニット

視点ユニット

Other works in vimeo